小規模宅地等の特例の種類

小規模宅地特例

・小規模宅地等の特例に当てはまる宅地とは?
最大で8割の土地評価額を減額して、相続税を減らすことができる小規模宅地等の特例。
この特例に当てはまるものには、特定居住用宅地や特定事業用宅地などがあります。
ここではそれぞれの特徴と、制度の適用要件について詳しく説明したいと思います。

・特定居住用宅地の特徴と制度適用要件
特定居住用宅地は面積が330平方メートル以下の、居住用の宅地のことを指します。
坪数でいえば100坪程度で、これより広くなってしまうと適用除外になってしまいます。
あと、居住用宅地ですので空き地では制度の適用範囲外となり、居住用の建物がないといけません。
またその建物に被相続人が住んでいないと、いけないことになっています。
この特定居住用宅地の相続税を、特例を使って減税適用にするためには、次の三つの条件のどれかを満たしていないといけません。

・制度適用になる3つのケース
まず一つ目は被相続人の配偶者が、相続人であるということ。
この配偶者というのは内縁の妻ではダメで、法律上の夫婦として認められる存在でなければダメです。
二つ目は被相続人の親族が、同じ自宅に住んでいるということ。
同居人が例えば愛人などの赤の他人では、無効になってしまいますので注意が必要です。
三つ目は、家なき子特例と言う制度で、被相続人に配偶者や同居親族が居ない場合に、持ち家を持っていない賃貸暮らしをしている別居親族であるということ。
この三つの要件を満たすことで、相続税を大幅に減らせる制度を利用することができます。

・特定事業用宅地の特徴と制度適用要件
事業継続要件と保有継続要件の二つを満たした宅地を、特定事業用宅地と言います。
これは被相続人が宅地を使って事業をしていた場合、それを相続人が引き継ぐことで相続税が安くなるという制度です。
まず事業継続要件というのは、事業を相続人が申告期限までに引き継ぐことと、申告期限まで引き継いだ事業を運営しているという条件です。
対象者は被相続人の配偶者か同居親族、もしくは別居親族の家なき子特例が対象になる人物になります。
もうひとつの適用条件は保有継続要件といい、宅地そのものを申告期限まで保有しておく必要があるという条件です。
途中で宅地を売却してしまうと、特定事業用宅地制度の対象外になってしまうので注意しましょう。
このように自宅用の宅地だけではなく、事業宅地にも相続税の減税制度が適用になりますので、専門家に相談して、相続税の払い過ぎが起きないよう対策を行いましょう。

小規模宅地の特例を受けるには

小規模宅地特例

昨今地価の上昇に伴い都内やその近郊では、相続時に相続税が高額になるために、税金の支払いができなくて相続不動産を売却して相続税を支払わなければならないケースも少なくありません。
相続不動産が全く使用していないのなら売却のみで解決できますが、その土地に被相続人の配偶者や子供が居住する建物がある場合などでは、相続税を支払うために立ち退かなければならなくなるのです。
相続することで今まで生活していた住居を奪われることは、相続人の今後の生活にとって大きな問題になります。
このような事態を解決するために設けられているが小規模宅地の特例という制度で、相続不動産が実際に居住している場合や事業に使用している場合に適用を受けることができる制度です。
小規模宅地の特例とは、先にも触れたように居住に使っている土地や事業に使用にしている土地を相続した場合には、その土地の評価額を減額してくれる制度になります。
このように相続税に関係する評価額を減額してもらうことで、相続税の減額や相続税を支払わなくても良いといった可能性があるのです。
例えば、土地の評価額が1億円の居住用の土地で小規模宅地の特例を受けると評価額が2000万円になって、1億円と2000万円では課税される相続税に大きな違いが生じます。

ただし、この小規模宅地の特例を受けるためには一定の要件があって、それを満たさないと減額を受けることができないのです。
その要件は土地の区分で違って、特定居住用宅地等の場合には被相続人と同居していた配偶者が当該相続不動産である土地を取得した場合というのがあります。
また当該相続不動産である宅地を被相続人と同居していた親族が取得した場合で、当該宅地を相続税の申告期限まで保有して居住をしている場合というのも要件になるのです。
それから被相続人と同居していない親族が取得した場合で、日本に住所を有すること、相続の開始前3年以内に被相続人か配偶者の所有する建物に居住していなことなどの条件を満たすことも要件になります。
特定事業用宅地は、当該相続不動産の宅地を取得した親族が、そこで事業を承継して相続税の申告期限まで事業を継続していて、その親族が相続税の申告期限まで当該宅地を保有していることが要件です。
貸付事業用宅地等は、貸付事業に使用している宅地を取得した親族が貸付事業を承継して、相続税の申告期限まで継続していて、相続税の申告期限まで保有していることが要件になります。
相続税の基礎控除額の減額や地価の上昇での評価額の増加を考えると、小規模宅地の特例は相続において有用な制度です。

小規模宅地の特例ガイド 相続編

相続01

遺産相続にはいろいろなルールがあって、そのすべてを把握することは難しいと思いますが、きちんとルールにのっとって進めていかなければトラブルに発展する可能性もありますので注意が必要です。
中でももっとも注意したいのが相続税についてで、相続税はすべての相続人が対象になるわけではありませんが、一定の条件を満たしているとかかってくるのでそれをきちんと頭に入れておかなければなりません。

まず相続税がかかる場合というのはプラスの財産からマイナスの財産を引いて、そこからさらに基礎控除額や配偶者控除額を引いて残った金額がある場合です。
プラスの財産よりマイナスの財産のほうが多ければ相続税はかかりませんし、基礎控除額あるいは配偶者控除額の範囲内であれば相続税はかかりません。

ただ配偶者控除は配偶者のみに適用されるので、配偶者以外の相続人は対象になりません。
次に遺産相続の対象になる財産についてですが、相続税がかかる可能性がある財産と言えば評価額が高くなりそうなものがあげられます。

中でも代表的なのが不動産関連の財産で、こういった財産を相続すると高い確率で相続税がかかる可能性がありますので、できるだけ節税しておきたいというのが本音ではないでしょうか?
そこで今回紹介したいのが「小規模宅地の特例」という制度で、この制度が適用されると最大で80パーセントの節税が可能になります。

それではここから小規模宅地の特例が適用されるケースを紹介していきましょう。
まずひとつめは被相続人が住んでいた宅地で、これは建物が建っている状態になると思いますので、被相続人と同居していた親族であれば小規模宅地の特例の対象となります。

小規模宅地の特例が適用される条件として被相続人の所有する宅地というのがあげられ、また建物が建てられていることが条件になっています。
さらに相続人となる権利を持つのは被相続人と同居していた人で、これに該当するのは配偶者か同居していた親族になります。

住民票が同じなら同居扱いになるのか?という問い合わせがよくありますが、小規模宅地の特例の条件として同居していなければならないのでただ住民票が同じというだけではいけません。
また、駐車場を相続する場合、青空駐車場だと建物などが建っていない状態になりますので、小規模宅地の特例は適用されません。

たとえ建物が建っている駐車場だったとしても「貸付事業用宅地等」に街頭するので減額は50パーセントになります。

小規模宅地なら特例を活用が重要

相続

小規模宅地を利用している方は、財産評価によって減額することができることを知っているでしょうか。
相続や贈与の際にはとても役立つので、ぜひ覚えておいてもらいたいです。

実際に小規模宅地という条件のある特例なのですが、この特例を活用すれば財産評価額をかなり減額することができます。
それは、やはり大きな魅力となるのではないでしょうか。

基本的に多くの方が利用しているものなので、小規模宅地を持っていて、なおかつ相続や贈与を考えている方は特例を活用してください。
逆に言えば、活用しないと損をすることが多いです。
いや、損しかしません。
特例は利用できるのならかならず利用することが必要となるでしょう。
ただ、知らないとどうにもならないので、特例があるということだけでも頭に入れておいてください。

例えば、相続や贈与の際には、土地や建物などの財産を評価して、その価値を付けていきます。
そのため、購入当時とは価値も変わっているということです。
それを理解しておくかどうかによって、一段と話は変わってくるのではないでしょうか。
例えば、価値が1,000万円のものでも、特例を活用すれば200万円ほどに減額することが可能です。
とても簡単な金額で説明していますが、基本的な考え方はこういうものとなっています。
小規模宅地の特例の場合、基本的には6割~8割ほど評価額を減額することが可能です。
つまり、どんなに購入時に高かったものでも、評価額はかなり抑えることができるのです。
評価が下がるのは嫌だと思うかもしれませんが、評価額が減額となるということは、その分そこに課税される分も減額となるということです。
税金の考え方は、基本的に価値のあるものに多くの課税をおこなうので、減額すればするほど相続や贈与もしやすくなります。

全体的に小規模宅地の特例に該当するケースは稀かもしれません。
ただ、普通に小規模宅地を持っている方であれば、相続や贈与の際には特例を活用する他ありません。
この手の話に関しては苦手な人も多数いると思うので、まずは専門家に相談するようにしてください。
専門家であれば、より良い方向に話を進めてくれます。
特に税理士などは節税や税金対策になるので、気軽に相談してみてください。
そこから色々と見えてくることも多いのではないでしょうか。
もしかしたら非常に助かるかもしれません。
なお、税理士への相談に関しては、近年無料相談に対応してもらえることもあります。
打ち合わせも兼ねて、まずは相談してみてください。

相続における小規模宅地の特例は専門家への相談が必要?

節税対策はしっかりと行うことで支払うべき税金を抑えることができるようになります。
相続税においてもそうです。
相続税は相続が発生した際に、その相続する財産の金銭的価値に応じて発生することになる納税義務のある税金となります。
“相続における小規模宅地の特例は専門家への相談が必要?” の続きを読む

相続や小規模宅地の特例においてチェックシートを利用しよう

相続において土地の相続を行うこととなったら相続税の控除を受けることができるケースがあります。
相続税は大きく課税されてしまいますから、できるだけ控除等を利用して支払額を少なくするということが重要なポイントになることでしょう。
“相続や小規模宅地の特例においてチェックシートを利用しよう” の続きを読む

相続における小規模宅地の特例の併用について

相続に関して関わってくる事柄として、相続税が挙げられます。
相続をすることとなった場合、相続する財産に対して課税がされてしまいます。
納付義務がありますから、亡くなったこと、つまり相続があることを知った翌日から10か月以内に必ず被相続人を管轄する税務署に対して納税する必要があるのです。
“相続における小規模宅地の特例の併用について” の続きを読む

相続における小規模宅地の特例の実例について

相続をする際には、土地を相続することになるケースもあることかと思います。
土地の相続に関しては、建物が建てられているその土地を相続するというケースもありますよね。
例えば亡くなった方、つまり被相続人の方が所有されていた、住まれていた家を相続するとなった場合、その土地も同時に相続することとなります。
また会社経営をされていたり賃貸マンションなどを貸付業として経営されている場合のその建物を相続するとなった場合、その建物が建てられている土地に関しても相続をすることとなるかと思います。
“相続における小規模宅地の特例の実例について” の続きを読む

駐車場の相続における小規模宅地の特例について

亡くなった方が所有されていたものは相続するということで引き継ぐことができますが、その中でも駐車場を相続することになるケースもあることかと思います。
そんな駐車場の相続において、相続税対策として利用できる小規模宅地の特例は駐車場の相続にも適用させることができるものなのでしょうか。
“駐車場の相続における小規模宅地の特例について” の続きを読む

マンションを相続した際の小規模宅地の特例について

亡くなった方の財産を相続するにあたって、相続することができる対象のものとなるものとしては、現金や預貯金だけではありません。
金銭的価値を持っている財産すべてに対して相続を行うことができるようになっています。
相続に対してまだまだ先だと思っている方も知っておいて損はないものとなっていますので、知識として蓄えておくのもよいかもしれません。
“マンションを相続した際の小規模宅地の特例について” の続きを読む