不動産の相続において利用したい小規模宅地の特例について

大切な家族が亡くなった場合には、悲しみに明け暮れていることかと思いますが、その中でも手続きなど大変になってくるものとして相続に関することがあります。
亡くなった方が所有されていた金銭的価値のある財産を相続する、譲り受けるとなった場合、そこに税金が課されるのはご存知でしたでしょうか。
その課される税金のことを相続税といいます。
“不動産の相続において利用したい小規模宅地の特例について” の続きを読む

相続税の控除において建物の相続の際の小規模宅地の特例について

相続をすることとなったら相続税と呼ばれる税金の支払いが発生することとなります。
相続税の支払いは相続する金銭的価値のある財産の価額において課されるものとなります。
ただ相続するすべてに対して相続税が課されることとなると非常に大きな金額の税金を納めなくてはいけないケースも出てきてしまいますよね。
そこで利用したいのが控除制度です。
“相続税の控除において建物の相続の際の小規模宅地の特例について” の続きを読む

小規模宅地の特例によって相続税を下げるためには

亡くなった方が所有されていた財産を遺産として引き継ぐ、相続する際には相続税がかかってしまうことになります。
相続税は納付義務のある税金となっていますから必ず支払わなくてはいけません。
そんな納付義務のある相続税がかかってくるとなると、大きな負担となってしまいますよね。
家族や親族の方が亡くなって悲しみに明け暮れている時に、納税の負担がくるとそれはまた大変なことかとおもいます。
これから生活を送っていくうえで亡くなった方がいる中で生活をしていく、生計をたてていく為に負担となってしまう相続税を少しでも下げることができれば助かりますよね。
“小規模宅地の特例によって相続税を下げるためには” の続きを読む