相続における小規模宅地の特例の実例について

相続をする際には、土地を相続することになるケースもあることかと思います。
土地の相続に関しては、建物が建てられているその土地を相続するというケースもありますよね。
例えば亡くなった方、つまり被相続人の方が所有されていた、住まれていた家を相続するとなった場合、その土地も同時に相続することとなります。
また会社経営をされていたり賃貸マンションなどを貸付業として経営されている場合のその建物を相続するとなった場合、その建物が建てられている土地に関しても相続をすることとなるかと思います。

そして相続には相続税が課されますが、相続税対策として土地に関しては小規模宅地等の特例を受けることができるのです。
ですが条件に当てはまらないと受けられないケースもありますので注意が必要です。
では小規模宅地の特例を受けられるケースとして実例をご紹介したいと思います。

実例として亡くなった方の名義であった居住用の住宅を相続するというケースをご紹介します。
住宅を所有されていた大黒柱の方が亡くなり、相続人である方がその住宅を相続して引き続き住んでいくという場合は小規模宅地等の特例を受けることができます。
住宅を相続するということはそれにかかってくる相続税は大きく生活の負担となってしまう可能性が考えられます。
ですので小規模宅地等の特例はしっかりと受けるようにして相続税対策を行うようにするべきなんですね。
小規模宅地等の特例制度によって限度面積の範囲は決められているのですが、相続することになったその居住用の宅地等が限度面積範囲内であればすべての土地の価額に対して減額の適用がされることとなります。

また他の実例としましても、例えば事業用として使用されていた土地を相続することになった場合、その土地に構造物が建てられている場合には小規模宅地等の特例を受けることができます。
青空駐車場の場合は適用されませんが、そこに建物等が建てられていれば小規模宅地等の特例を受けることができるのです。