相続や小規模宅地の特例においてチェックシートを利用しよう

相続において土地の相続を行うこととなったら相続税の控除を受けることができるケースがあります。
相続税は大きく課税されてしまいますから、できるだけ控除等を利用して支払額を少なくするということが重要なポイントになることでしょう。

例えば不動産を相続するとなった場合、建物だけでなく建物が建てられている土地に関しても相続を行う必要があります。
そしてその土地に対しても相続税が課されてしまうことになるんですね。
ですのでその相続税を軽減させるためにも、相続税の控除となる小規模宅地等の特例の手続きを行う必要があります。

またこの小規模宅地等の特例については相続税の納付を行う際の、相続税の申告手続きにおいて、申告書にその趣旨を記載して、そしてまた必要となる必要書類を添付することによって、相続税の控除を受けることができるようになります。
ですが相続税を申告する際に本当にこれでいいのか、間違っていないか不安になってしまうという方も多いと思うんです。
そこで利用してほしいものが相続税に関するチェックシートなんですね。

このチェックシートは国税庁のインターネットホームページからダウンロードして使用することができます。
誰でもダウンロードすることができるようになっており、印刷して、チェックを入れていくことで何か抜けていないかなどをチェックすることができます。
一つずつ有無にたいしてチェックを入れていくことができ、税務署に対して申告をする際にこのチェックシートを提出することによってしっかり間違っていないかどうかのチェック、確認を行ってもらうことができます。

また小規模宅地の特例に関するチェックシートもありますので、土地の相続を行うという方は必ずこの小規模宅地等の特例に関するチェックシートを利用して確認をするようにしてください。
チェックシートで1つ1つチェックをしていくことによって、間違いなく小規模宅地の特例の利用を行うことができるでしょう。