小規模宅地なら特例を活用が重要

相続

小規模宅地を利用している方は、財産評価によって減額することができることを知っているでしょうか。
相続や贈与の際にはとても役立つので、ぜひ覚えておいてもらいたいです。

実際に小規模宅地という条件のある特例なのですが、この特例を活用すれば財産評価額をかなり減額することができます。
それは、やはり大きな魅力となるのではないでしょうか。

基本的に多くの方が利用しているものなので、小規模宅地を持っていて、なおかつ相続や贈与を考えている方は特例を活用してください。
逆に言えば、活用しないと損をすることが多いです。
いや、損しかしません。
特例は利用できるのならかならず利用することが必要となるでしょう。
ただ、知らないとどうにもならないので、特例があるということだけでも頭に入れておいてください。

例えば、相続や贈与の際には、土地や建物などの財産を評価して、その価値を付けていきます。
そのため、購入当時とは価値も変わっているということです。
それを理解しておくかどうかによって、一段と話は変わってくるのではないでしょうか。
例えば、価値が1,000万円のものでも、特例を活用すれば200万円ほどに減額することが可能です。
とても簡単な金額で説明していますが、基本的な考え方はこういうものとなっています。
小規模宅地の特例の場合、基本的には6割~8割ほど評価額を減額することが可能です。
つまり、どんなに購入時に高かったものでも、評価額はかなり抑えることができるのです。
評価が下がるのは嫌だと思うかもしれませんが、評価額が減額となるということは、その分そこに課税される分も減額となるということです。
税金の考え方は、基本的に価値のあるものに多くの課税をおこなうので、減額すればするほど相続や贈与もしやすくなります。

全体的に小規模宅地の特例に該当するケースは稀かもしれません。
ただ、普通に小規模宅地を持っている方であれば、相続や贈与の際には特例を活用する他ありません。
この手の話に関しては苦手な人も多数いると思うので、まずは専門家に相談するようにしてください。
専門家であれば、より良い方向に話を進めてくれます。
特に税理士などは節税や税金対策になるので、気軽に相談してみてください。
そこから色々と見えてくることも多いのではないでしょうか。
もしかしたら非常に助かるかもしれません。
なお、税理士への相談に関しては、近年無料相談に対応してもらえることもあります。
打ち合わせも兼ねて、まずは相談してみてください。